「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

ACTAはおそらくヨーロッパでは批准されない / ポール・バイバ

 米国によって推進された秘密の「模倣品・海賊版拡散防止条約」(ACTA: Anti-Counterfeiting Trade Agreement)はヨーロッパではおそらく批准されないとEurActivが伝えた。これはオープンで誠実な政府を信奉する全ての人に朗報だ。

ヨーロッパ議会のリベラルなALDE (Alliance of Liberals and Democrats for Europe)グループはACTA反対に一斉に乗り出した。そして昨日(4月25日),「不透明な規定が多すぎる」としてACTAへの反対を宣言した。従ってもし夏前に本会議の投票が行われたら,ヨーロッパ議会メンバーの大多数はACTAを拒絶することになる。

ALDEは昨日の記者会見で,自分達はACTAを支持することはできないと発表した。彼らのリーダーであるGuy Verhofstadtは,ヨーロッパのリベラル派は知的所有権の保護を支持しているが,彼らはACTAが根本的な権利や自由を否定することを懸念していると説明した。
「市民社会はこの数ヶ月で,ACTA協定に対するもっともな懸念を大声で主張するようになった。その懸念は我々も共有している。ACTAには,どのように施行されるのか明確さを欠いた規定が多すぎる」と彼は述べている。

リベラル派はACTAの代わりに別の協定を求めているようにも見える。というのは,現在の条文は物品とデジタルサービスを「不適切に」同じものとして扱う,と彼らは考えているからだ。

「それらは異なる分野の協定で扱われるべきだ。そして包括的で民主的に議論された命令と影響評価に従うべきだ」とVerhofstadtは述べている。

 

 

 

 

 
PDF
更新日:2012-08-09 00:01:48 keitat 4  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] http://www.teleread.com/copy-right/acta-probably-is-dead-in-europe/ Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

keitat さんの翻訳記事

ACTAはおそらくヨーロッパでは批准されない

米国によって推進された秘密の「模倣品・海賊版拡散防止条約」(ACTA: Anti-Counterfeiting Trade Agreement)はヨーロッパではおそらく批准されないとEurActivが伝えた。これはオープン…2012-08-09 00:01:48