「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

acai

English⇒Japanese

jhoo0509

English⇒Japanese

yoko

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

東ティモールは正義を求める / 国際法廷を求めるティモール全国連盟

A-N-T-I: 国際法廷を求める東ティモール全国連盟

事務局: Fongtil-Caicoli, 東ティモール、ディリ

プレスリリース

東ティモールは正義を求める - 「私たちは平和を愛しています。そして、和解を強化するために真実を欲します。」

東ティモールは独立の回復から10周年を祝福しようとしていますが、インドネシアによる東ティモール侵略と占領の時期に犯された人道に対する犯罪、戦争犯罪、ジェノサイドに対する正義と責任明確化の動きは見られません。

インドネシアによる東ティモール侵略と占領により、1975年から1999年の間に18万人の人々が命を失いました。国連安保理は8度にわたってインドネシア軍が犯した残虐行為を非難する声明を採択しました。しかしながら、大国による軍事的支援と政治的スタンスこそが侵略を引き起こしたのです。この点は、チェガ! 報告書に書かれています。この報告書には、普遍的管轄の原則を侵害する人道に対する罪、戦争犯罪をはじめとする諸犯罪について記載されています。

1999年にインドネシアが東ティモールから撤退したあと、国連は調査委員会を設置し、同時にインドネシアも人権侵害調査委員会(KPP-HAM)を設置しました。2000年には国連委員会とKPP-HAMは、インドネシア、東ティモールそして国連が不処罰の状況に終止符を打つことができない場合には、国際法廷を設置する必要があると勧告しました。10年後の今、不処罰の状況は続き、その結果も極めて明らかになっています。

東ティモール重大犯罪部は、1999年に起きた犯罪に関して、元インドネシア軍司令官ウィラント将軍を含め391人を訴追しましたが、裁判を受けたのはそのうちわずか87人で、有罪判決を受けたのは84人に過ぎません。訴追されたうちの75%以上が裁判を受けておらず、その大多数は東ティモール市民ではなく、現在インドネシアにいます。中にはインドネシアで高い地位に着いている者もいます。国連と東ティモールは、303人の被告人に対して逮捕状を発行していますが、大多数は依然として逮捕されていません。また、上述の裁判では1999年に犯された犯罪だけを扱っており、1975年から1998年に犯された人権侵害はカバーされていません。

今日、東ティモールは、独立回復10周年を誇らしげに祝福しています。10年前、そして占領下におかれていた時代、人々はテロと拷問、殺人の空気の中で、基本的人権を侵害され、様々な暴力に直面していたのに対し、現在、東ティモールの人々は自由と安全、居心地の良さを感じているからです。私たちはまた、東ティモール政府とインドネシア政府そして国連が、過去の犯罪に対する解決を求め、不処罰を終わらせようと何度か試みたことを認めています。しかしながら、そうした企ては正義を求めるプロセスの中で多くの障害に直面してきました。

それゆえ、ANTIは人道に対する犯罪の実行者たちに対して権限を有する関連するあらゆる人々・組織・団体に、以下を求めます:

1. 国連と国際社会は、これまで信頼できるかたちで扱われてこなかった重大犯罪を処理するために実効的なメカニズムを開始する責任を果たす必要があります。というのも、インドネシアの占領下で東ティモールで犯された犯罪は国際人道法に違反する国際犯罪であり、戦争犯罪であって、それを処罰する責任を東ティモールの人々に押し付けることはできないからです。

2. 国連に対しては、国際専門家委員会、インドネシアのKPP-HAM、そしてCAVRの勧告を考慮し検討することを求めます。これらはいずれも、国家的機構がうまく機能しない場合にはこれらの犯罪を処理するために国際法廷を設置する必要があると述べているのです。

3. 東ティモール政府に対しては、インドネシア軍による東ティモール占領下で重大犯罪を犯した者たちに対する正義と責任追及を実現する可能性に向けた扉を閉ざさないことを求めます。これは、法の支配のもとで民主的な東ティモールが確実に平和を持続できるようにするものです。東ティモールという新しい国にこれらのケースをすべて自力で扱う十分な力がないことは理解していますし、これらのケースは東ティモールが扱うべきものではなく国際社会が責任を負うものであることは理解した上での要求です。

4. 東ティモール政府高官に対しては、強制失踪から人々を保護する国際条約に署名・批准し、インドネシアによる戦争の時期に強制失踪の被害にあった東ティモールの人々を捜して家族のもとに戻れるようにすることを求めます。

5. インドネシア政府に対しては、東ティモール占領期に起きた重大犯罪に関して、国際法に従って責任を追及する責任を果たすよう求めます。

6. 市民社会のすべての成員に対しては、正義を求める闘いを妨害する様々な障害を前に諦めずに、正義が実現されるまで闘いを続けるよう求めます。

「闘いを決して放棄しなければ失われることはない」

(パトリシア・イササ アルゼンチンの人権活動家)

2012年5月18日 ディリにて

この声明に署名している団体:

ANTI構成団体(東ティモールの団体)

· Community Development Interest (CDI):

· East Timor Crisis Reflection Network (ETCRN)

· Forum Tau Matan (FTM)

· Front Mahasiswa Timor-Leste (FMTL)

· Asosiasaun HAK

· Judicial System Monitoring Program (JSMP)

· Kdalak Solimutu Institute (KSI)

· Knua Buka Hatene (KBH)

· Luta Hamutuk

· Mata Dalan Institute (MDI)

· Organizasaun Popular Vitima da Guerra (OPVG)

· Secretariat of the Timor-Leste NGO Forum (Fongtil)

· Timorese Institute for Development Monitoring and Analysis (La’o Hamutuk)

 
PDF
更新日:2012-05-29 14:54:19 kmasuoka 0  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] 公開声明。
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

kmasuoka さんの翻訳記事

コロンビア北部で人道的避難所が設立される

コロンビア北部のエル・バグレ市で、小作農民たちが、引き続く準軍組織の暴力に対応するため、人道的避難所を作った。コロンビア市区のおよそ4分の1に及ぶ地域で活動している準軍組織グ…2016-07-06 15:53:31

停戦合意によりコロンビア内戦が終わりを告げる

本日、2016年6月23日木曜日、サントス大統領はハバナを訪れ、コロンビア政府とFARC-EPとの間の双方向の決定的な停戦を確実なものとする合意に署名する見通しである。1964年以…2016-07-06 15:50:49

メデジンで、人権活動家が殺された。

メデジンで、人権活動家が殺された。ラモン・エデュアルド・アセベド・ロハスは、6月6日、市の中心部で、暗殺者に射殺された。暗殺者は警察に逮捕された。 ラモンは、メデジン市の「平…2016-07-06 15:47:52

著名な野党指導者に対するさらなる暗殺未遂

2016年5月9日(月) コロンビア発ニュース 5月6日金曜日、左派政党「愛国同盟」の指導者の一人イメルダ・ダサの命が狙われた。カルタヘナで開催された会合で、イメルダ、およびセサル州…2016-05-17 13:28:44