「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

yasukazu

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

ajhjhaf

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

イラク:荒れ果てた国 (1) / ダール・ジャマイル

2012年1月9日 

暴力の音が日々、全土に響き渡るイラクで、人々は日常性を懸命に求めているが、引き続く暴力に加え、水も電気も不足する中で、それはますます困難になっている。

米国が中心となってイラク侵略の準備を進めていたとき、ブッシュ政権は、戦争によりイラクの人々の生活は改善され、インフラは格段に良くなると約束した。生活もインフラも、それまで13年にわたり加えられた過酷な経済制裁で極めて弱体化していたのである。

失業の削減、水道設備の改善、電力供給の安定化、保険医療インフラの再構築が約束された。

しかしながら、米軍のイラク占領が公式に終わりを告げた今、8年にわたる戦争の結果、当初約束されていたことは、まったくの妄想に過ぎないことが明らかになっている。

水不足は続く

バグダード水道局(BWA)の副局長、ハシム・ハッサンは、バグダード住民700万人に、清潔な飲用水が十分行きわたらないと述べている。

ハッサンは、アルジャジーラに対し、「250万リットルの水を生産します。毎日100万リットル不足すすのです」と説明する。「水道供給量を増やすプロジェクトを開始したので、2012年末までに水不足を解消できるのではないかと期待しています」。

ハッサンによると、バグダードの水道管ネットワークの80パーセントに修理が必要で、その作業は行われているが、その他に、大規模工場による水の供給が全面的に実現するまでは、飲料水の提供範囲を増やすために、小型水供給ユニットを100箇所に設置している。

水処理工場数ヶ所の拡張も進められている。約300万人が暮らす乱雑に広がったスラム街、サドルシティの下水処理施設容量の拡大作業もその一つである。

ハッサンによると、衛生委員会と環境省が水質検査を行っており、BWAの検査と合わせて、毎日1000サンプルが検査される。「検査に合格しないのはサンプルの1%未満です」とハッサンは言う。「許容ライン」は5パーセントだという。

数十億規模の米国発グローバル工務店ベクテル----理事はブッシュ政権と緊密な関係を持っている----は、イラク再建基金と米国市民の税金(政府予算)から23億ドルを受け取り、請け負った仕事の多くを完成させずにイラクから撤退した。

ベクテルのイラク関係契約では、浄水施設、発電所、下水施設、空港と道路の再建などを請け負うことになっていた。

イラク各地の水道局責任者たちは、米軍占領下でできた修理は、国連と人道援助組織を通したものだけだったと語る。中央官庁は、水の処理に必要な塩素をほとんど提供しなかったという。「新規プロジェクト」は、実際のところ、保全作業にすぎず、それも、インフラの崩壊を阻止するには不十分だった。

ベクテルは、ハリバートン(元米国副大統領ディック・チェイニーが在籍していた)とともに、利潤の保証された固定歩合契約を政府と結んだ最初の企業の一つである。

イラクの大建設企業に勤めるアフメド・アル=アニは、アルジャジーラに対し、ベクテルが採用したやり方は確実に失敗することになっていたと語る。

「まず、契約に巨額の請求を出し、それから契約を複数のより小さな企業に下請けさせ、そこはさらに経験の少ないイラクの小企業に下請けさせるのです」とアニは言う。「実際の作業を行う経験の少ない企業は、わずかな予算しか使えないし、経験もないので、仕事がむちゃくちゃになります」。

国連機構間情報分析局が2011年3月に出した報告書によると、安全でない飲み水を使っているのは5家族に1家族あり、それ以外の約16パーセントが、毎日の必要量を得られずにいるという。

農村部の状況はさらに悪く、安全な飲み水を使えるのは43パーセントにすぎないほか、農業用水も不足ししかも汚染がひどい。そのため、水と仕事を求めて地元を離れ、都市部に行くイラク人はかつてないほど増え、それがさらに問題を悪化させる。

国連報告書はまた、次のように書いている。「飲用と農業用に使われる水の品質は悪く、イラクの国家基準もWHO水質基準も下回っている。下水管や浄化槽からの漏水が浄水網を汚染している。飲む前に浄水をする世帯は20%にすぎない。さらに、下水のうち処理をほどこされるのは18%にすぎず、それ以外はそのまま水路に垂れ流される。

イラクの人々は、次のような状況に日々直面している。

「蛇口を回しても、何も出てこないことがあります」。こう語るのはバグダードのアリ・アブドゥラーである。「茶色や黄色い水が出たり、ベンゼン臭がすることもあります」。

【以下続く】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PDF
更新日:2012-01-21 18:03:38 kmasuoka 0  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] http://dahrjamail.net/iraq-a-country-in-shambles サイトの翻訳許諾。
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

kmasuoka さんの翻訳記事

コロンビア北部で人道的避難所が設立される

コロンビア北部のエル・バグレ市で、小作農民たちが、引き続く準軍組織の暴力に対応するため、人道的避難所を作った。コロンビア市区のおよそ4分の1に及ぶ地域で活動している準軍組織グ…2016-07-06 15:53:31

停戦合意によりコロンビア内戦が終わりを告げる

本日、2016年6月23日木曜日、サントス大統領はハバナを訪れ、コロンビア政府とFARC-EPとの間の双方向の決定的な停戦を確実なものとする合意に署名する見通しである。1964年以…2016-07-06 15:50:49

メデジンで、人権活動家が殺された。

メデジンで、人権活動家が殺された。ラモン・エデュアルド・アセベド・ロハスは、6月6日、市の中心部で、暗殺者に射殺された。暗殺者は警察に逮捕された。 ラモンは、メデジン市の「平…2016-07-06 15:47:52

著名な野党指導者に対するさらなる暗殺未遂

2016年5月9日(月) コロンビア発ニュース 5月6日金曜日、左派政党「愛国同盟」の指導者の一人イメルダ・ダサの命が狙われた。カルタヘナで開催された会合で、イメルダ、およびセサル州…2016-05-17 13:28:44