「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

yasukazu

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

ajhjhaf

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

封鎖に挑む:ガザに向けて船を出したことで投獄される / メディア・ベンジャミン&ロバート・ネイマン

2011年4-6日 週末版

11月4日金曜日、勇気ある人々を一杯に乗せた2隻の船がガザへ向かう途上の公海上でイスラエル軍に拿捕された。「勇気ある人々」と言ったのは、11月2日、ガザへ向けてトルコを出航したとき、これらの人々は、イスラエルの突撃部隊が2隻を阻止するだろうこと、しかももしかすると暴力的に阻止するだろうことを知っていたからである。実際、2010年には、マヴィ・マルマラという名のトルコ船をイスラエル軍が襲撃し、人道活動家9人を殺しているのである。

2隻の船----カナダ船籍とアイルランド船籍----は27人の乗員を乗せていた。アイルランド、カナダ、米国、オーストラリア、パレスチナの報道関係者や平和活動家だった。彼ら彼女らは非武装で、イスラエル軍もそのことを知っていた。乗員は、ガザの市民と連絡を取ろうとした平和活動家にすぎず、イスラエル軍はそのことも知っていた。それにもかかわらず、公海上でイスラエル軍は彼ら彼女らにむき出しの攻撃を加えたのである。これは、通常、海賊行為とされるものである。

2隻に乗っていた人々は、米国の支援を受けたイスラエルによるガザ封鎖を打破しようとガザに向けて船を出した。イスラエルのガザ封鎖で、ガザに住む160万人のパレスチナ人の生活が重大な打撃を被っている。彼ら彼女らは、1967年以前の国境の内側すなわち占領地区にすむ550万人のパレスチナ人の基本的人権を侵害しながらその責任を問われることのないイスラエル政府の権力を批判するために船を進めた。つまり、人権と法の支配を信じる私たち市民社会を代表して船を出したのである。

アラブの春----これは米国でも「占拠」運動として各地に広まり、また、欧州やイスラエルでも経済的不平等への抗議として広まった----は、本質的に、責任を問われることのない権力に対する挑戦であった。こうした抗議を受けた国の中には軍事独裁政権だったり君主制支配だったところもあるが、「民主主義」とされていたところもある。どのような体制であれ、大多数の人々が意思決定から疎外されたと感じ、不釣合いに大きな権力を持つ少数のエリートを利する政策により損害を受け続けていると感じている。

ガザ市民に対する封鎖は、責任を負うことのない権力の極端な一例である。ガザに暮らすパレスチナ人には、イスラエルや米国の政治家に投票する権利はない。それにもかかわらず、イスラエルと米国の政治的決断により、ガザのパレスチナ人は、物資輸出も、自由な旅行も、自分たちの土地での農耕も、自分たちの海での漁労も、家や工場を建てるための建築資材の輸入も、妨害されるのである。

私たちはガザを訪れ、この目で荒廃した状況を見て来た。イスラエルと西岸を訪れ、イスラエル政府が検問所でパレスチナ人を拘束し、パレスチナの人々を土地から切り離す壁を建て、家を破壊し、親族を恣意的に投獄し、経済的な制限を強制して生活の糧を稼ぐことができないようにしている状況を見てきた。世界中のあらゆる人々と同様、パレスチナの人々が普通の尊厳ある生活を渇望しているのを目にしてきた。

9月に出された国連の報告書は、「イスラエルが[ガザで]やっている抑圧的政策は、民間人に対する集団的懲罰を構成する」と述べ、そうした政策は国際人道法にも国際人権法にも違反しており、ガザの不法な封鎖は解除すべきだと述べている。国際赤十字委員会もまた、ガザ封鎖は、民間人には責任のない行為について民間人に「集団的懲罰」を加えることに相当するため、国際法違反であると述べている。赤十字は中立的な人道組織であり、通常、政策に関する問題について声明を発表することはない。ガザ封鎖について赤十字が声明を発表したという事実は、ガザ封鎖は過酷なもので解除させられなくてはならないことを国際社会に向けて強く示すシグナルである。

歴史は、繰り返し何度も、政治指導者たちが自分たちの利益になると思えば、平和や外交、交渉が可能となることを示してきた。最近、イスラエルとハマスは、エジプトの新政権の仲介のもとで、5年越しの囚人交換交渉を成功裡に行った。演説の中でイスラエル政府は「ハマスとの交渉には反対」と述べ、また、ハマスも「イスラエルとの交渉には反対」と述べていた。それにも関わらず、自分たちにとって利益となると判断したため、交渉の座に着いて合意を作り出すことに問題はなかったのである。

イスラエルとハマスが囚人の解放を交渉できるなら、イスラエルとハマスはガザの市民に対する封鎖の解除を合意するために交渉することもできるはずである。

しかしながら、ガザの人々は、政治指導者が、交渉は自分たちにとっても利益となると決断するのを待ってはいられない。だから、私たち市民社会が圧力を強める必要がある。一連の船がやっているのはそれであり、ボイコット、投資の撤収、経済制裁運動がやっているのもそれである。

1年以上前、オバマ大統領は、封鎖は維持できないと述べていた。「すべてを阻止して、それから一部の持ち込みだけをバラバラにガザに認めるのではなく、武器の運搬だけに集中した方法があるはずだ」と彼は言っていた。それは実現しなかった。なぜだろう? どうして今実現できない必然性があろう? パレスチナの産物をガザからヨーロッパに輸出したり、人々が海外で医療措置を受けることを妨害することが、武器の運搬と何の関係があるだろう?

イスラエル軍は、平和活動家を乗せてガザに向かう2隻の船を阻止したが、自由を求めるパレスチナ人を阻止することはできないし、連帯運動を阻止することもできない。私たちは、封鎖が失敗に終わるまで、ガザ市民に対する陸海の封鎖に挑むことを止めない。そして、パレスチナ人が求める民主主義の大義を否定する動きに挑むことを、民主的社会が実現するまで、止めることはない。

メディア・ベンジャミンはCODEPINKとグローバルエクスチェンジの共同創設者。

ロバート・ネイマンは「公正な対外政策」の代表。

PDF
更新日:2011-11-07 18:29:13 kmasuoka 1  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] http://www.counterpunch.org/2011/11/04/jailed-for-sailing-to-gaza/ 元サイトが翻訳を推奨
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

kmasuoka さんの翻訳記事

コロンビア北部で人道的避難所が設立される

コロンビア北部のエル・バグレ市で、小作農民たちが、引き続く準軍組織の暴力に対応するため、人道的避難所を作った。コロンビア市区のおよそ4分の1に及ぶ地域で活動している準軍組織グ…2016-07-06 15:53:31

停戦合意によりコロンビア内戦が終わりを告げる

本日、2016年6月23日木曜日、サントス大統領はハバナを訪れ、コロンビア政府とFARC-EPとの間の双方向の決定的な停戦を確実なものとする合意に署名する見通しである。1964年以…2016-07-06 15:50:49

メデジンで、人権活動家が殺された。

メデジンで、人権活動家が殺された。ラモン・エデュアルド・アセベド・ロハスは、6月6日、市の中心部で、暗殺者に射殺された。暗殺者は警察に逮捕された。 ラモンは、メデジン市の「平…2016-07-06 15:47:52

著名な野党指導者に対するさらなる暗殺未遂

2016年5月9日(月) コロンビア発ニュース 5月6日金曜日、左派政党「愛国同盟」の指導者の一人イメルダ・ダサの命が狙われた。カルタヘナで開催された会合で、イメルダ、およびセサル州…2016-05-17 13:28:44