「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

acai

English⇒Japanese

jhoo0509

English⇒Japanese

yoko

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

イラク:偶然ではない / ダール・ジャマイル

2009年4月13日

帳簿とは別に財源を確保したジョージ・ブッシュの先例に倣って、バラク・オバマ大統領は、イラクとアフガニスタンで戦争を続けるための追加「緊急」資金834億ドルを求めている。それが承認されれば、この二つの戦争に割り当てられた2009年予算は約1500億ドルになり、全体の戦争費用は1兆ドル近くになる。

ブッシュが二つの占領にかかる費用を軍予算全体に組み込まなかったことをオバマは厳しく批判していたが、今や彼はブッシュと同じことをしている。今回の要求は、政府が今週初めに明かにした5340億ドルの軍事予算とは別に追加されたものである。その予算は2010会計年のもので、ブッシュ政権最後の2009年軍事予算から増加している。

この提案が出されたのは、オバマが4月7日、突然バグダード空港を訪問して兵士たちに会い、イラクで兵士たちが「並はずれた偉業をなした」と称賛した直後のことだった。何か良いことを指していたのだとすると、私はそれを見落としたに違いない。けれども、確実に別の例を指摘することはできる。そのような例の一つ一つがイラク駐留米軍の「並はずれた偉業」と呼ぶに値する。米国によるイラク侵略と占領で130万人以上のイラク人を殺したことは確かに並はずれている。占領により6人に1人のイラク人を自宅から追い出したこともまた、並はずれたと呼ぶに値する。国全体を破壊し、残忍な独裁者に支配され12年にわたるジェノサイド的な経済制裁に苦しんでいたときと比べてさえ生きるのに困難な場所にイラクをしたこともまた、並はずれたことである。

米軍が13万8000人の兵士をイラクに保ち、さらに20万人の私企業契約要員を使って占領を続ける中、そして少なくとも5万人の米軍兵士を無期限にイラクに保とうとしている中、オバマはまじめくさった顔を保ちながら、イラク政府に「自国の責任を担うよう」圧力をかけ、さらに米国は「イラクの領土と資源に何の野心もない」と付け加えている。

バグダード中で起きた相次ぐ爆弾の爆発がイラク人15人を殺し27人を負傷させたわずか数時間後にオバマ大統領が口に出したこの素敵な言葉を、オバマとブッシュの国防長官ロバート・ゲーツは賞賛し、アルカーイダ・イン・イラクがバグダードで分派間の暴力を煽るために「最後のあがき」をしているようだと主張した。この6年間、米国によるイラク占領のニュースを注意して追ってきた人々ならば、「最後のあがき」とか「峠を越した」といった言葉が数えきれないほど多く使われてきたことをとてもよくわかっているだろう。今回の言葉も例外ではなかった。この言葉が虚偽だったことは4月10日にモスールで起きたことではっきりと明かになった。自爆自動車爆弾攻撃で、米軍兵士5人とイラク軍兵士2人が殺されたのである。

オバマは、バグダード空港で演説したとき、ブッシュが作ったイラク占領の脚本から別のページを借りて、これからの18カ月は「決定的に重要な時期となるだろう」とも述べた。ここでもまた、イラク占領を通してずっと、覚えていられないほどたくさんの「決定的に重要な時期」があった。

オバマがバグダード空港を訪問した2日後、レイ・オディレルノ将軍は、米軍地位協定が定めた期限の6月30日以降も、米軍戦闘部隊兵士がイラクに残る可能性があるとタイムズ紙に語った。

もちろん、これらのレトリックを通して、あからさまに言及が避けられていることに、イラクにある巨大な「永続的」米軍基地の問題、そしてバチカン・シティの大きさを持つ米国「大使館」の問題がある。

その間、流血とイラクの破壊は続く。

  • 4月10日。イラク全土で起きた攻撃で、イラク人10人が殺され、84人が負傷した。自動車爆弾攻撃で米軍兵士5人(この1年以上の間で米軍兵士に最大の犠牲者を出した攻撃)とイラク軍兵士2人が殺された。
  •  
  • 4月9日。イラク全土の攻撃でイラク人10人が殺され、19人が負傷。バグダード陥落6周年のこの日、数万人が占領に反対するデモを行った。
  •  
  • 4月8日。イラク人10人が殺され、27人が負傷。バグダードで大きな爆弾攻撃が行われた3日め。イラク政府が覚醒評議会のメンバーを標的として攻撃を続けていることを示す出来事の一つとして、ハリバジャのガルマ近くで起きた爆発で覚醒評議会メンバー3人が負傷(覚醒評議会は米国た作り出したスンニ派民兵。米国は税金を使ってメンバー一人に一カ月300ドル払っていたが、覚醒委員会メンバーの統制は昨年10月イラク政府に引き継がれた。覚醒評議会は10万人規模に拡大し、イラク政府の治安体制に組み込まれることになっていたが、現在、日常的に政府軍の標的となっている。現在までに政府の仕事を得た覚醒評議会メンバーは全体の3分の1以下である)。
  •  
  • 4月7日。イラク全土の攻撃で、イラク人15人が殺され、27人が負傷。ファルージャでは、自爆攻撃者が警察の検問に車を突入し、警察官1人を殺しイラク人9人を負傷させた。イスカンダリヤ地区では覚醒評議会メンバー1人が死亡。ファルージャはこの攻撃から2日間、封鎖状態に置かれた。
  •  
  • 4月6日。イラク人45人が殺され、176人が負傷。米軍兵士1人が殺される。バグダードで一連の破壊的な自動車爆弾攻撃が始まる。
  •  
  • 4月5日。イラク人13人が殺され、34人が負傷する。バグダードでは内務省高官が家族と車に乗っているときに暗殺者に狙撃され殺された。バスラの県知事は爆弾攻撃を辛うじて生き延びた。カナーンでは覚醒評議会メンバー1人が殺され、キルクークでは別の覚醒評議会メンバー1人が爆弾で負傷した。

5年前に米軍のイラク占領に関する報道を始めたとき、イラク現地で起きる出来事は偶然のものではないことにすぐさま気づくことになった。

4月7日、オバマ大統領もまた、イラク政府に対し、覚醒評議会メンバーを政府の治安部隊に組み込むことにもっと力を入れるよう求めた。イラク政府は(米軍と同様)、覚醒評議会にはアルカーイダやイラク人レジスタンスのメンバー、そしてバース党の残党が潜り込んでいると主張した。現在までの数カ月にわたって、イラク政府はイラク全土で覚醒評議会メンバーを標的とした殺害と拉致を行っている。

最近になって、イラク政府による覚醒評議会メンバーの殺害と拘留は激増した。これがイラク全土で最近激化した爆弾と攻撃に無関係だと思うならば、考え直す必要がある。
 

PDF
更新日:2009-04-16 20:41:37 kmasuoka 0  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] http://dahrjamailiraq.com/no-coincidences-in-iraq CCのライセンスとしては表示=改変禁止とされているが、このサイトの記事翻訳は著者により許可・歓迎されている(著者に直接確認)。
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

kmasuoka さんの翻訳記事

コロンビア北部で人道的避難所が設立される

コロンビア北部のエル・バグレ市で、小作農民たちが、引き続く準軍組織の暴力に対応するため、人道的避難所を作った。コロンビア市区のおよそ4分の1に及ぶ地域で活動している準軍組織グ…2016-07-06 15:53:31

停戦合意によりコロンビア内戦が終わりを告げる

本日、2016年6月23日木曜日、サントス大統領はハバナを訪れ、コロンビア政府とFARC-EPとの間の双方向の決定的な停戦を確実なものとする合意に署名する見通しである。1964年以…2016-07-06 15:50:49

メデジンで、人権活動家が殺された。

メデジンで、人権活動家が殺された。ラモン・エデュアルド・アセベド・ロハスは、6月6日、市の中心部で、暗殺者に射殺された。暗殺者は警察に逮捕された。 ラモンは、メデジン市の「平…2016-07-06 15:47:52

著名な野党指導者に対するさらなる暗殺未遂

2016年5月9日(月) コロンビア発ニュース 5月6日金曜日、左派政党「愛国同盟」の指導者の一人イメルダ・ダサの命が狙われた。カルタヘナで開催された会合で、イメルダ、およびセサル州…2016-05-17 13:28:44