「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

ajhjhaf

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

hanako

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

女性に対する暴力を終わらせるための5つの業績を含むパキスタンで最も影響力のあるTwitterati / APC

ウルグアイ、モンテビデオ 2011年7月22日

Take Back the Tech!」の活動家5人は、近ごろパキスタンで最も影響力のあるTwitter利用者、もしくは「Twitterati」と呼ばれるようになった。The Express Tribuneが選ぶ「140文字」には、前大統領のムシャラフ氏のような政治家や、セレブ、タレントやジャーナリストに加えて影響力のあるブロガーも含まれている。

特に、TwitteratiのJehan Ara、Nighat Dad、Sana Saleemは、女性に対するオンラインおよびオフラインの暴力問題の認知度を高めている。

Jehan Araは、ITとITESのためのPakistan Software Houses Association(パキスタンソフトウェアハウス協会)の会長で、APCメンバーのBytes For Allのキーパートナーとして、APCが30カ月にわたりパキスタンで進めている、女性に対する暴力を終わらせるための「Take Back the Tech!」を実行することに協力している。Jehanは2009年7月以来、「Take Back the Tech!」のグローバル・キャンペーンに従事している。彼女はまた人気ブログ「In the Line of Wire」の著者でもある。このブログは、プライバシーや女性に対する暴力の問題とICTとの関係、また社会的な企業家(起業家)精神に焦点を当てている。

Jehanは、「私たちは「Take Back the Tech!」に没頭しています。それは女性をエンパワーするためにテクノロジーを利用することに大きな情熱を注いでいるということです。私たちの多くにとって、これはただのプロジェクトではありません。私たちは常にTBTTの活動家なのです」と語っている。

Nighat Dadは、検察官であり活動家であり 、また研究者でもある。APCメンバーであるBytes For Allの一環として、彼女はパキスタン国内で、プライバシーや人権について知識を広め、パキスタンのインターネット政策の浮沈についてAPCに助言をしている。Nighatは、昨年6月にパキスタンで行われた第1回目のAPCデジタルストーリーテリングワークショップに参加し、女性に対する暴力の被害者(サバイバー)たちや女性の権利活動家らを訓練した。その後、彼女は、パキスタンにおける女性の権利のために遠慮なく発言する擁護者として有名になった(最近の彼女のテクニカルトレーニングについては、彼女のブログを参照のこと)。

Nighatは次のように語る。「みなさんもご存じのとおり、ソーシャルメディアやICTは私たちの活動を大きく広げるもので、女性をエンパワーすることができます。Take Back the Tech!を含めICTに関連した研究に従事するすべてのものが、Twitterati listを作ることに大いに役立ったという点に疑いの余地はありません」

Sana Saleemは、(Nighatと)同じデジタルトーリーテリングワークショップに参加し、そこで学んだストーリーテリング技術に鼓吹されて、Take Back the Tech!の少額助成金(この助成金は12か国の女性に対する暴力への取り組みに対して25万ドル以上を支出した)を元手にGawaahi.comの設立に一役買った。

Gawaashiは、デジタルストーリーメソッドを使って、虐待された女性たちが自らのサバイバルや勇敢な体験などの話をデジタルメディアで共有できる空間である。Gawaashiは、最近NGOとして登録された。Sanaはこのたび、The Guardianや、Dawn.com、Global Voicesなどでブログを書いていることから、 Pakistan Blog Awardsで「最も活躍しているブロガー(Best Activist Blogger)」を受賞した。

他の2人の「Take Back the Tech!」活動家もまたパキスタンのTwitteratiである。Farieha Azizは、ジャーナリストであり、Newslineのアシスタントエディターである。Fariha Akhtarはソフトウェアエンジニアでありブロガーである。 

MDG3の基金のおかげで、APCはNighatやJehanのようなコミュニケーションの権利のための活動家を呼び集めることができ、Feminist Tech Exchangesを通じて女性の権利擁護者のためのトレーニングを提供することができた。さらに、Gawaahi.comのように大胆なアイデアを実現させたSanaのような革新者に前述の少額の助成金が配分されたのである。オランダ政府に援助を受けたMDG3プロジェクトの支援がなかったら、これら多くの重要なライフラインはできなかっただろう。

 
PDF
更新日:2011-09-27 21:09:31 benio 5  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] http://www.apc.org/en/news/most-influential-twitterati-pakistan-include-5-wor Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

benio さんの翻訳記事

開発のためにICTを利用している14の新しい公共図書館サービス

14を超える公共図書館が、スマートフォンや、インターネットへの接続が可能な移動図書館、オンライン医療相談、ウェブサイトの公開、オンラインセミナー、SMSなど最新鋭のICTを利用し、地…2011-12-08 06:28:02

女性に対する暴力を終わらせるための5つの業績を含むパキスタンで最も影響力のあるTwitterati

ウルグアイ、モンテビデオ 2011年7月22日 「 Take Back the Tech! 」の活動家5人は、近ごろパキスタンで 最も影響力のあるTwitter利用者 、もしくは「Twitterati」と呼ばれるようになっ…2011-09-27 21:09:31

マレーシアの女性たちが、女性に対する暴力を終わらせるためのICTの利用法について調査する。

2010年11月29日、クアラルンプール(マレーシア) ストップアニメーションやデジタル記録、対話型ウェブサイト、さらに 女性に対する暴力 に関する 政府 法案における人工中絶やリプロダ…2011-03-25 20:24:33

ローカルラジオやヘルプラインやインターネット:フィリピンの女性たちがeVAWを終わらせるために考えていること

2011年2月11日。フィリピン、マニラ。 TBTT フィリピンは2010年9月下旬にSmall Grants Programを立ち上げ、 ICT と VAW の接点を展開することに重きを置いた革新的な提案を募集した。3…2011-03-19 16:57:20