「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

yasukazu

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

ajhjhaf

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

ファルージャからの報告:我々は、ファルージャを破壊することで「救済」する / ラフール・マハジャン

ファルージャ/イラク(2004年4月12日)----イラク西部の砂漠の縁に位置するファルージャは、とても乾燥した土地で、大規模な潅漑により農業地域となった。道幅の広い街で、砂色の建物には不法占拠者も暮らしており、住民の大部分は農業に従事している。

私たちは、「停戦」の期間に、ファルージャにいた。そこで私たちが見聞きしたことを話そう。

米軍はファルージャの攻撃を開始したとき、まず、発電所を爆撃した。現在、電力は発電機が供給しており、通常、重要な機能を果たしている場所に優先的に供給される。ファルージャでは4つの病院が機能している。私たちはその一つにいた。その病院は小さな緊急診療所にすぎない。もう一つの病院は自動車修理工場を使っている。私たちがいた病院は大混乱状態にあったので、通訳から状況を完全に把握することはできなかった。私たちが得た情報の多くは、生まれてからずっとファルージャに暮らし、人道NGOインテルソスで働くマッキ・アル=ナザール氏から得たものである。アル=ナザール氏は、医師たちがほとんど眠らずに忙しく働いている中で、この診療所のマネージャーを務めていた。

アル=ナザール氏は、流暢に英語を操る穏和で都会的な人物だが、米国の行動に激怒して我を忘れんばかりだった(私が彼に、フルネームを使っていいかどうか聞いたとき、彼は「OKだ。今となっては何でもOK。あの犯罪者たちに好きなようにさせてやれ」と答えた)。「停戦」中だったため、大規模爆撃は稀だった。大規模爆撃が一端停止したとはいえ、米軍は重火器で攻撃を続けていた。主として狙撃兵による攻撃だった。

アル=ナザールは、救急車が狙撃兵に撃たれ、女性と子供たちが撃たれたと、私たちに語った。ファルージャ包囲が生みだした惨劇について、彼は次のように述べた。「私は47年間、馬鹿だった。ヨーロッパ文明とかアメリカ文明といったものを信じていたんだ」。

ファルージャに入る前、私はこれらのことについて間接的に耳にしていたが、本当に信じてはいなかった。ここでは本当の話を見つけだすのはとても難しい。けれども、次の出来事は、私が自分の目で目撃したことである。運転席側の窓に二つの形のよい正確な弾痕の残った一台の救急車。弾痕の角度は、弾が運転手の胸に命中しただろうことを示していた(狙撃兵たちは屋根の上に陣取り、胸を狙うよう訓練を受けている)。それから、窓にくっきりとした弾痕が一つついた、もう一台の救急車。これらは、パニックを起こしてやたらと発砲しまくった結果では、あり得ない。運転手を殺す目的で、狙い澄ました発砲だった。

救急車は、赤・青・緑のランプを点灯させ、サイレンを鳴らして走っている。真っ暗闇の街の路上で、救急車が他の何かと間違えられることなど、あり得ない。私たちがそこにいた間に、肌の色の白さを利用して、狙撃兵のいる場所を通り抜けて怪我人の場所に行こうと、私たち米国の同国人が乗り込んでいた救急車も、撃たれていた。

小さな診療所に私たちがいた4時間ほどの間に、私は、恐らく10人を超える怪我人が運び込まれたのを目にした。その一人は18歳の若い女性で、頭を撃たれていた。診療所に連れてこられたとき、彼女は口を押さえ、口からは泡が出ていた。医者たちは、今夜一晩ももたないだろう、と言っていた。もう一人、少年は、大量に内出血していた。恐らくは、末期的状態だったろう。私が目にしたもう一人の男性は、上半身にひどいやけどを負っており、太股がズタズタになっていた。この傷は、クラスター爆弾によるものかもしれない。悲しみにくれた親類たちが「アッラー・アクバル」と叫び、アメリカ人への怒りを剥き出しにしている中で、それがクラスター爆弾によるものかどうか確認することはできなかった。

ブッシュ政権は、ムジャヒディーンはファルージャ住民の大多数から拒絶された、孤立した「過激派」の小集団である、と吹き出してしまいそうなことを言っている。この発言は、真実から程遠い。もちろん、ムジャヒディーンには、女性と小さな子供は含まれていない(ただし私たちは11歳の少年がカラシニコフを手にしているのを目撃している)し、老人も含まれていない。そして、戦闘年齢の男性の大多数も、ムジャヒディーンではないだろう。けれども、ムジャヒディーンはコミュニティから出たもので、コミュニティの全面的な支持を受けている。怪我人の多くを病院に連れてくるのはムジャヒディーンであり、彼らは、診療所近くで医者を始め様々な人と気さくに話をしている。一緒に兵站について相談しているのである。私は、ムジャヒディーンがカラシニコフを使って人々を脅かしているところなど、一度も目にしなかった。

ムジャヒディーン戦士の一人は、イラク警察のジャケットを着ていた。彼を知る人たちに聞いたところ、実際に彼はイラク警察の一員であるとのことだった。

通訳の一人、ラナ・アル=アイービは、私に、「素朴な人たちなんだ」と言った。少し高見に立ったような発言だが、そこには大きな真実が含まれている。宗教を敬虔に信じ農業に従事するファルージャの人々は、島国根性的なものを持っており、簡単には異邦人を信頼しない。友人がいて、また、人々を救援に来たため、私たちは安全だった。ファルージャの人々は、アフガニスタンのパシュトゥン人によく似ている----良き友だが敵に回すと恐ろしい。

ムジャヒディーンは、パレスチナの第一次インティファーダで石を投げていた人々がパレスチナの人々を代表していたように、人々を代表している。いずれの場合も、「若者」を意味する言葉が彼らを指すのに使われていた。私はアリという名の青年と話をした。私たちがバグダッドに運んだ怪我人の一人だった。彼は自分はムジャヒディーンではないと言ったが、ムジャヒディーンについてどう思うか訊くと、微笑んで親指を上に向けて突き上げた。今日のところはムジャヒディーン戦士でない若者でも、明日には顔を覆ってカラシニコフを手にしているかも知れない。どんな若者でも。

アル=ナジャールは、サダムが命令したというだけでアメリカ人に抵抗することを、ファルージャの人々は拒否した、と私に教えてくれた。実際、昨2003年、ファルージャでの戦闘は特に激しいものではなかった。「サダムが働けと言えば、我々は3日の休暇を取りたくなる。けれども、アメリカ人は我々をサダム支持者と決め付けたがっている。サダムが拘束されたとき、アメリカ人たちは、抵抗運動が消滅するだろうと言っていた。それから抵抗運動が激化した今になっても、我々のことをサダム支持者と呼んでいる」。

アメリカの侵略者たちが、人々をこれほどまでに残虐に扱わなければ、ファルージャの人々の信頼を得ることは、イラクでもっとも簡単なことだったろう。ファルージャの人々のような「部族」の人々は、これまで何世紀にもわたって、とても簡単に帝国主義者に騙されてきたのである。けれども、すでに転回点は越えてしまった。アメリカ人にとって「ファルージャ」は今でも、4人の傭兵たちが殺され、遺体がバラバラにされて乱暴に扱われたことだけを意味するのかも知れない。イラクの人々にとって、「ファルージャ」は、その襲撃に対する米軍の野蛮で残忍な集団的懲罰を意味する。600人以上のイラク人が殺された。推定では、そのうち200人は女性で100人以上が子供である(女性がムジャヒディーンとして戦いに参加することはない。したがって、女性犠牲者200人全員が非戦闘員である。男性犠牲者の多くも、また)。

ベトナム戦争時代、米軍特殊部隊の大佐は、ベントレの町について、次のように語ったことがある。「我々は、町を破壊することで、救うんだ」。この言葉は、ベトナム戦争を一言で表している。今日のイラクでも、同じことが言える----ムジャヒディーンからファルージャを「救済する」ためには、町を破壊しなくてはならない・・・・・・。

ラフール・マハジャンは「帝国ノート」を運営しており、バグダッドからウェブとブログを発進している。最新の著書は「Full Spectrum Dominance: U.S. Power in Iraq and Beyond」。この本の中で、マハジャンは、イラクに対する米国の政策、大量破壊壁をめぐる嘘、ネオコンの計略とブッシュの新たな帝国主義政策について述べている。メールアドレスは、rahul at empirenotes.org。

【訳者補記:ちょうど、5年前の出来事です】

PDF
更新日:2009-04-11 09:07:54 kmasuoka 0  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] http://www.empirenotes.org/fallujah.html 表示−非営利−継承相当。著者の直接許諾。
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

kmasuoka さんの翻訳記事

コロンビア北部で人道的避難所が設立される

コロンビア北部のエル・バグレ市で、小作農民たちが、引き続く準軍組織の暴力に対応するため、人道的避難所を作った。コロンビア市区のおよそ4分の1に及ぶ地域で活動している準軍組織グ…2016-07-06 15:53:31

停戦合意によりコロンビア内戦が終わりを告げる

本日、2016年6月23日木曜日、サントス大統領はハバナを訪れ、コロンビア政府とFARC-EPとの間の双方向の決定的な停戦を確実なものとする合意に署名する見通しである。1964年以…2016-07-06 15:50:49

メデジンで、人権活動家が殺された。

メデジンで、人権活動家が殺された。ラモン・エデュアルド・アセベド・ロハスは、6月6日、市の中心部で、暗殺者に射殺された。暗殺者は警察に逮捕された。 ラモンは、メデジン市の「平…2016-07-06 15:47:52

著名な野党指導者に対するさらなる暗殺未遂

2016年5月9日(月) コロンビア発ニュース 5月6日金曜日、左派政党「愛国同盟」の指導者の一人イメルダ・ダサの命が狙われた。カルタヘナで開催された会合で、イメルダ、およびセサル州…2016-05-17 13:28:44