「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

ajhjhaf

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

hanako

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

マレーシアの女性たちが、女性に対する暴力を終わらせるためのICTの利用法について調査する。 / Persantuan Kesedaran Komuniti Selangor (Empower)

2010年11月29日、クアラルンプール(マレーシア)

ストップアニメーションやデジタル記録、対話型ウェブサイト、さらに女性に対する暴力に関する政府法案における人工中絶やリプロダクティブ・ライツに関する議論などにおいて、女性たち、そして女性たちの組織は、女性に対する暴力の拡大を防ぐためにICTの使い方を学ぶ。女性とICTに関する事業を進めている先進的な5つのプロジェクトが、APC女性プログラムの女性に対する暴力を終わらせるためのプロジェクトTake Back the Tech!を通して、基金を受けた。

TAKE BACK THE TECH! FUND WINNERS IN MALAYSIA
 

Women’s Aid Organisation (WAO)は、女性に対する暴力の認知度を高めることを目的として、マレーシアの女性たちに、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアの利用方法や、対話型ウェブサイトの使い方を教え、電子メールなどの様々なツールの利用技術向上をはかるために、3日間のソーシャルメディアトレーニングを主催している。WAOはまた、英語のパンフレット「Be safe online and offline」と、ICT VAWの被害者が抗議の申し立てを行うために有用な情報の提供も手掛ける。

Perak Women for Women Society (PWW)は、青少年と共に活動を行う団体で、ICTの利用を通じて、10代の婚前妊娠やセクシャル・ハラスメントに対する意識の促進とアドボカシーに焦点を当てている。地元の学校の青少年ボランティアや関係者、PMWをはじめとするNGOのメンバーとともに、PMWは、女性に対する暴力を終わらせるためのキャンペーンなどで利用するための、ビデオやデジタルレコーディングなどAV機器を利用したプレゼンテーションを開発するために、2日間の能力開発ワークショップを開催する。

Stop Motion Projectは、クレイアニメのように、対象物が、単独で動いているかのように撮影されるアニメーション技術の一つであるframe-by-frame(コマ送り)としても知られる技術を扱う。この団体は、30秒から60秒で構成される4つのストップ・モーションビデオ作品を通して、女性に対する暴力に関する政府の取り組みを紹介しようと努めている。Stop Motion Projectは、既存のオンラインコミュニティや、ポータル、ウェブサイトが主催する3つのビデオ「pockets of awareness」を作成する予定である。これら3つのストップ・モーションビデオは、家庭内暴力、言葉の暴力、性暴力の解決のためのジェンダー分離(隔離)の活用方法に焦点を当てる。

Reproductive Rights Advocacy Alliance Malaysia (RRAAM)は、ペナンや東マレーシア周辺からも集まる女性団体のために2日間のワークショップを開催する。女性たちは自らの話(実体験)をどのようにして文書にまとめるかを学んだり、マレーシアにおける人工中絶について話し合う。彼女たちは、テクノロジーを利用して色々な話を書き込んだり、また書き手の判断によってはFacebookに投稿することもある。

Lina Sooは、サラワクの女性や少女、人権活動家、マスメディアやアカデミア、この話題に関心のある(関係のある)人々を対象として「デジタルの危険性:ICTと少女や女性に対する暴力」と題した2日間のセミナーを行う。ICTトレーニングは、メーリングリストやデータベースやブログの作成方法といった基本的なICTスキル、オンラインセキュリティとネット上のストーキングに焦点を当てたICTの基本的な利用方法を含む。女性たちはまた、女性の権利を促進するために、自分たちの組織の中でICTを利用する方法についてより多くを学ぶことになるだろう。
 

「Take Back the Tech!(技術を取り戻せ!)」キャンペーンのファンドは、APC女性プログラムの女性に対する暴力を終わらせるための「Take Back the Tech!」活動の一部であり、男女平等を推進する国連ミレニアム開発目標第3を達成するためのAPCの活動の影響を受けている。総額2万ドルが、女性とICTに関わる活動を行っている地方や草の根の組織に再配分するために、12か国のパートナーに支払われた。

 
PDF
更新日:2011-03-25 20:24:33 benio 0  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] http://www.apc.org/en/news/malaysian-women-explore-how-icts-can-help-end-viol Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

benio さんの翻訳記事

開発のためにICTを利用している14の新しい公共図書館サービス

14を超える公共図書館が、スマートフォンや、インターネットへの接続が可能な移動図書館、オンライン医療相談、ウェブサイトの公開、オンラインセミナー、SMSなど最新鋭のICTを利用し、地…2011-12-08 06:28:02

女性に対する暴力を終わらせるための5つの業績を含むパキスタンで最も影響力のあるTwitterati

ウルグアイ、モンテビデオ 2011年7月22日 「 Take Back the Tech! 」の活動家5人は、近ごろパキスタンで 最も影響力のあるTwitter利用者 、もしくは「Twitterati」と呼ばれるようになっ…2011-09-27 21:09:31

マレーシアの女性たちが、女性に対する暴力を終わらせるためのICTの利用法について調査する。

2010年11月29日、クアラルンプール(マレーシア) ストップアニメーションやデジタル記録、対話型ウェブサイト、さらに 女性に対する暴力 に関する 政府 法案における人工中絶やリプロダ…2011-03-25 20:24:33

ローカルラジオやヘルプラインやインターネット:フィリピンの女性たちがeVAWを終わらせるために考えていること

2011年2月11日。フィリピン、マニラ。 TBTT フィリピンは2010年9月下旬にSmall Grants Programを立ち上げ、 ICT と VAW の接点を展開することに重きを置いた革新的な提案を募集した。3…2011-03-19 16:57:20