「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

電子ブックの自費出版に関するデビッド・カーノイの解説 / クリス・メドウズ

2010年7月27日

デビッド・カーノイの自己出版に関する助言(及びアップルとの口論)についてはすでに紹介したことがあるが、CNetで電子ブックの自己出版を考えている人々に対する有益な助言に満ちたコラムをもう一つ書いている。

カーノイはいくつかのチップスをまず提示する。そもそも中身がよくなくてはならない、目を引く表紙が必要、値段は安く----実際のところ自分で値付けできないような電子出版プラットフォームは避けるべきである----など。さらに本を売るためには売る意識を持たなくてはならないということ----今日のブログとSNSの世界では、それはかつてないほど容易になっていること。

それからカーノイは電子ブック自己出版プラットフォーム候補をいくつかあげている:アマゾン、Smashwords、Lulu、FastPencil、Scribdなどで、それら一つ一つの利点と欠点を詳細に検討している。

本記事は電子ブックの自己出版を考えている人々にとって極めて有益なもので、自尊心のある自己出版関係のブログロールは今すぐタグること。

 

 

 
PDF
更新日:2010-07-28 11:11:08 mabako 0  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] http://www.teleread.com/2010/07/27/david-carnoy-on-e-book-self-publishing/ Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

mabako さんの翻訳記事

電子書籍の品質大論争:出版社がもっとちゃんと校正できないのはなぜ?

これまでも何度か電子書籍の誤りについて書いてきた。 そうした経緯もあるので、Good e-Readerに現れた、電子書籍の校正がどう行われる・行われないか をめぐるポストを喜んで読んだ。 …2016-01-22 15:42:31

アルベルト・マングェル、アイデンティティの象徴としての図書館を語る

アルゼンチン生まれのカナダ人作家アルベルト・マングェルは、図書館と読書についてとりわけ名を知られた大家である。『読書の歴史』と『図書館 愛書家の楽園』は、彼がこの分野で書いた…2015-10-31 07:23:37

サイモンアンドシュスター社、ブライアン・グレーザー、図書館向けに電子書籍寄贈を発表

2015年4月11日 アメリカ図書館協会は、サイモンアンドシュスター社が「ブライアン・グレイザーの新著『A Curious Mind: The Secret to a Bigger Life』について、電子書籍あるいはハード…2015-04-13 11:22:02

トロントのカトリック学校理事会、司書教諭を全廃へ

2015年3月27日 予算編成の時期です。私の地元ではあらゆる自治体が収支を合わせようとしています。今週明らかになった予算削減策の中でも大きな論争を呼びそうなものの一つは、トロント…2015-03-28 10:09:18